環境を住みやすく変えたいと考えたら住みやすく改善しよう

オール電化にする

安全性の高さにも注目

オール電化を導入する家庭が急速に増え、オール電化のことを知らない人はいないのではないかとさえ言われるようになりました。オール電化は、2000年を過ぎた頃から急速に普及が進みましたが、それ以前にも電気で給湯を行う設備はあったのです。しかし、ランニングコスト的にガスには全く敵いませんでした。そう言うこともあって、なかなか普及しなかったのです。 しかし、2001年に二酸化炭素冷媒を使ったシステムが開発されると、ランニングコストが大幅に改善されました。それを契機として、オール電化の採用率が伸びていったのです。 オール電化は光熱費の安さばかりが注目されますが、火を使わないことによる安全性の高さも注目されています。

上手に使えば電気代は抑えられる

オール電化は光熱費がかなり抑えられると言うことで普及しましたが、徐々に電気代が値上げされるようになってきました。この先も、段階的に電気代が値上がりする可能性が高いです。こう聞くと、これからオール電化を導入しようと考えていた人は二の足を踏むかもしれません。しかし、上手に使えば電気代を抑えることは可能です。 夏の日中にエアコンをつけると、オール電化住宅では電気代がかなり上がってしまいます。しかし、我慢していると脱水症状を起こす可能性もあるので、無理はできません。その場合、カーテンを閉める、窓の外によしずを設置するなど、直射日光が部屋に入らないようにしましょう。エアコンの消費電力をかなり抑えることができます。